幸せを呼び込む魔法の言葉

スポンサーリンク
 
トップページ 心が癒されたい時に
元気を取り戻したい時に やる気が出ない時に
背中を押されたい時に 心がほっこりしたい時に
心が折れそうな時に 自信を持ちたい時に
人間力を高めるヒント 忘れていた大切な事
気持ちが楽になる言葉 勇気が溢れ出す言葉
 
 
 

気落ちを楽にしてくれる言葉

あ行  か行  さ行  た行  な行
  は行  ま行  や行  ら行  わ行 
 
スポンサーリンク
 
  ≪あ行≫
お前、随分自意識過剰だな。誰もお前の事なんか見ちゃいないよ。
焦り過ぎ。そんなに頑張らなくてもいいんだよ。たまには、さぼっちゃおっか♪(笑)
いいか?この輪ゴムをこうして、こうやってイテッ
大人になれば強くなれると思ったけど、なんだかそうでもなさそうだ。今でも人の目は気になるし、誰かの噂話に一喜一憂するし、わけもなく元気が出ない時もあるし。それでも背負うものは大きくなって、大切な人も増えて、たまに倒れそうになりながらも、みんななんとか頑張ってるんだよね。
大昔の人は、「空」がいつか落ちて来やしないか毎日心配してたんだって!今聞くと笑っちゃうけど、当時は真面目に心配してたんだよ!君が心配で悩んでいる事も、まず起きる訳ない事だったりしてない?むやみに未来を恐れなくていいんだよ!
怒りも悲しみも苦しみも、ずっと続く様ならきっと「思い込み」が一番の原因だよ。あの人は、私は「こうでなければならない」なんて思いこんでない?人それぞれの人生さ、思い込みに縛られずに自由に生きて行こうよ!
大人は色んなものを背負って生きている。だからこそ、テンションが振りきれる瞬間がある。すっごく感動したり、すっごく楽しかったり、すっごく悲しかったり。でも、そうやって全力で泣いて笑って楽しんでいくことが人生の達人になる唯一の方法なんだ。
「嫌なことを一生懸命我慢すること」が「頑張る」ことだと長らく思い込んでいたけれども、「頑張る」とは「最良の結果に向けて尽力すること」であって、我慢とは別物であると気づけて良かった。
  ≪か行≫
この前授業サボっておにぎり食ってたら、近くに教授とオープンキャンパスに来てるJKがいて JK「大学に入ったらやっぱり毎日勉強するものなんですか?」 教授「それは人によるかな。ほらあそこでサボっておにぎり食ってるのもいるよ」 と指さされた死にたい。
昨日ATMに行ったら、前に並んでたお正月のお年玉を親に取り上げられて貯金させられているであろう子供が「三万円ー!」ってギャンギャン泣いてたんだけど、その直後僕が三万円引き下ろしたらその子供が「貴様よくも俺の金を…!」みたいな目で睨まれ続けてた。違う。お前のじゃない。
今朝、結構大事にしてたものを遺失してへこんでたら、娘から「泣きたいときは泣いてもいいんだよ。でもお父さんは男の子で泣くのが格好悪いんなら、何でもいいからやることみつけて、それをやってれば泣かないよ」と言われたので、2人で靴磨きを15分程やったら気持ちが切り替わりました。すげえ。
これまで30年間も死んでないし、生きる才能あると思う。
嫌いな人の性格は変えられないけど、君が嫌いな人の事を考えるか?好きな人の事を考えるか?は選択出来るよ!
母ちゃん名言 絵かきを目指してたときに、スランプに陥った俺に向かって「目の前に越えられない壁が現れたら、その壁に絵を書きなさい」
君の心の傷跡は、君が一生懸命生きた証しだよ!その傷跡はこれからの君のお守りにしてさ!君らしい人生を歩んで行こうよ!
悲しいことが100回あって、嬉しいことが100回あって、言ってみればプラスマイナスゼロ。でもそれは、何もなかったゼロよりずっと意味のあるもの。
  ≪さ行≫
社用車乗ろうとしたらボンネットのど真ん中で猫が寝てて、(どいてくれないかな……)と思いながら見てたら猫が「ん? お前も寝るか?」みたいな感じで少し右に寄った。そうじゃねえよ。
さっき、電車でぐずる子供に「静かにしなさい!そんなんじゃ立派なプリキュアになれないよ!」って叱ったお母さんと、一瞬でキリッと静かになった女の子がめちゃくちゃ可愛かった。だが隣に座ってたオッサンも少しキリッとなった。
人生で重要な事3つ思い浮かべよう!そして、その3つ以外の事はうまくいかなくても「気にし過ぎない」様にしようよ!小さいことを気にしすぎると、大きな事見失っちゃうからね!
「自分のため」でいいから、人を許してあげようよ!人を許す事で楽になるのは確実に自分自身だからね!
失敗って、うまくいってる時は美化できるけど実際にやらかすとすげーヘコむわけで、でもへこむからこそ前よりちょっぴり良くなるわけで、分かってはいるんだけどやっぱしんどいわけで。筋肉痛みたいなもんだと思って耐えるべし
自分らしさって何?自分でもよく分からない。らしさって知ってる?信じるもの?守るもの?そんな信条だとしたら何処にも見当たらないんだ。知らなくて、大丈夫だよ。自分らしさってのはね、自分以外の人が知ってる自分の素敵な所なんだ。
心配は心を配ると書くけど・・・配りすぎると疲れるから、笑顔で配るといいよ。そしたらね、天使の笑みがみれるよ。
自分が思う以上に、他人は自分のことを見ていないし気にもとめてない。それなら好き放題やったもん勝ちじゃない?
  ≪た行≫
隣でカットしていた小学生が「もみあげはどうしますか?」と美容師に訊かれたが「もみあげ」の意味がわからなかったらしく「とりあえず揉んどいて下さい」と言った。私は爆笑してコーヒーを鏡に向かって吹き出した。
友だちが急に思いっきり屁をこいた後「私のミスでガスが漏えいしてしまいました!申し訳ございません!責任を持って回収いたします!!」って言って部屋中の空気をスーハースーハー吸い出した
「父親」とタイプしたら平仮名入力になっていて「かにかにランチ」と出た時の驚き
電車で、めっちゃ厳つい絵に描いたようなヤンキーなお兄さんが電話で「うっせー、バカ、死ね」とか言ってて感じ悪いなあと思ってたら「俺だって動物園行きたくてしかたねーんだよ」って言って三度見した
辛いときこそむりして笑おう。笑った数だけ幸せになれる。
辛いと思えば辛いし、楽しいと思えば楽しい
楽しい時はもうただ漠然とたのしー!って言えばいいし、しんどいときは具体的に何がどうしんどいのかをより細かく愚痴るといいと思います。具体的に描写すると問題の在り処がわりとはっきりしてきて、しゃべってるうちに解決策が浮かんできたりするからです。
隣には旦那に息子、反対側にはふがふがいってる娘。何だかんだ幸せだ。中学生の時の自分に「あんま悩まなくてもいいよ」って言いたいwでもふと今が人生幸せのピークだったらどうしようと思う。これから下り坂なのかなーと。でも子供の寝顔を見るとどーでもよくなる。もうちょっと寝ようっと。
試しに、嘘でもいいから「自分てわりと満たされてるし運も良い方なのかも」ってていで数時間か数日過ごしてみるの結構面白いからおすすめ。だんだん本当にそんな気がしてくるし、なんか色々ありがたく思えてくるし、色々いつもは思いつかないようなこと思いつくようになる。誰かと何かしたくなる。
  ≪な行≫
人間ってもんは 結構いい加減でやりたい事なんか これから沢山出てくるし、 変わってくるから、 今すぐ焦って決めなくてもいいんだよ。 色んな物から刺激を受けて ゆっくり決めていけばいいんだよ。
年齢なんか単なる思い込み。こちらが無視してしまえば、あちらだって無視してくれる。
「何にも縛られず自由でいたい」 とみんな思います。 それはとても大事だし、 それでいいのですが 「いったんどこかに収まってみる」 というのがなければ 「それを壊してひとつ大きくなる」 ことができないのですよ! 「額縁」は何度でも変えていいんです!
何かを楽しみに待つ、ということを生活の中にうまく取り入れている人はいつも楽しそう。何かを楽しみに思っているとき、身体レベルでみれば、それはもう既に楽しんでいる。誰かの会うのを楽しみにするのでもいいし、好きな漫画本やゲームの発売日をしっかり把握してカレンダーに書いておくのも良い。
何をやればいいんだろう、って考えながらあやふやに手をつけるのは時間の無駄だし、何をやったのかあやふやで何もやってないような気がしてくる。だから、小さなことでいいから「ひとまず今日はこれをできるようになる」って書いて、やって、「できるようになりました」って花丸をつける。
何かに出会えば、見えてくるかもしれない。その何に出会えばいいかが、今は見えない。けれど、大丈夫。その日は、きっと来る。
何でもかんでも、しょうがないで片付けるのは嫌だけど、しょうがないで、片付けた方がいいときもあると思う。
  ≪は行≫
ほんのちょっとだけ、ほんのちょっとだけでかまわないのだ。1日の中で、少しくらい意識的に、前向きで、楽観的で、ポジティブな事を考える時間があったって良い。嘘くさくたって全然かまわないのだ。演技で良いから「良い感じになってきた」って思おう、感じよう、口に出そう。
僕らはとても不完全な存在だし、何から何まで要領よくうまくやることなんて不可能だ。不得意な人には不得意な人のスタイルがあるべきなのだ。
人が、あーだ!こーだ!と批判してきたら、こっちも熱くならずに一言で終わらせよう。「でっ?」って言葉で
腹が立ったら言葉に出すのを5秒我慢してみようか。その簡に相手が謝罪することがある。怒りの言葉を発してしまったら相手も開き直る。それに5秒我慢すれば相手が謝らなくても怒りが和らぎ、さらに我慢できる。すると、腹を立ててもいいことはないんだと解ってね、大きな得をした気分になれるの。
ふと、立ち止まって、「仕事って嫌なものだったっけ?」と考えることがあります。本来、仕事も遊びも一生懸命であれば、疲れます。遊んでいてばかりいても嫌になると思うのです。仕事があるから、遊びも楽しいと思います。そう考えれば、仕事も楽しめます。周りに惑わされることはありません。
人の悩みは突き詰めると、 だいたいが未来の不安。 だから、未来が来れば、 だいたいが何でもなくなる。
不安とか悲しい気持ちは言葉で分解して納得して発散してさっさと次に進むべきだと思うけど、悔しいって感覚は、言葉で分解して変に納得してエネルギーを発散させちゃいけないと思うんだ。勿体無いと思うんだそれは。悔しいって感覚は、ぐっと腹の中にそのまんま貯めこんでいい感覚だと思うんだ。
ほんのちょっとだけ悲しい時には、無理にでもいいから笑顔作ってみようよ。小さな悲しみは、笑顔が吹き飛ばしてくれるよ! どうしてもたくさん悲しい時には 無理をしないで涙流してみようよ 大きな悲しみは 涙が洗い流してくれるよ!
晴れの日には田を耕し、雨の日には家で書を読む。たまには、自由気ままに生きてごらんなさいね。
本当にどうしようもないほどの不幸なんて、ほんとはどこにもないんだよ。視点を広くしてみれば分かるはずだよ。
変なプライドは捨てて、無理にかっこつけないこと。自分を良く理解して、甘え上手になってみて。そうすれば世渡り上手になれます。
  ≪ま行≫
周りの人間を励ます時にあなたが完璧である必要はありません。不完全なあなたがなんとかやっていることこそが、周りを励ますのです。
マクドナルドで「スマイル二つ」って注文したら、レジのお姉さんがもう一人お姉さんを連れてきて、ニコって笑ってくれたそうな。なかなかやるな。
前向きな時もありゃ後ろ向きな時もあるけどよ。。前か後ろだけで言うから良くねえんだよ。。たまには横向いたり斜め向いたり上向いたりしたっていいんじゃねえかな。。。たとえ下向いたって地球の美しさ半端じゃねえしな。。
無理に頑張らなくていい。無理になにかにならなくていい。あなたらしく頑張ればいい。強がらず泣きたい時に泣き、心のまま笑いたい時に笑い、こつこつ頑張ればいい。あなたにしか歩けない人生を、あなたのまま進めばいい。
目の前の事を心から楽しむ努力をしましょう。目の前の事を楽しんでいれば、不思議と次の扉が開いていきます。
もし君が今の状態を『最悪』だと思うなら、これから先は今よりも少しは幸せだということになるね。
迷ってるときはそうゆう時期だから。なにも上手くいかないときはそうゆう時期だから。ときには仕方ないって甘えてもいいんだよ。空飛べって言われても空は飛べないんだもん。できないことはできない。できることは今がんばってるはず。
  ≪や行≫
夜明け前が一番暗く寒いのだよ。もう少しの辛抱さ。あと少しで陽が昇る。
予想外の人生になっても、そのとき、幸せだったらいいんじゃないかな。
  ≪ら行≫
留学生の日本語の授業では、いつも笑える答えが聞かれる。今回は「どんより」を使って文章を書くように、と言った。すると一人の生徒が、「ハイ。私はうどんよりそばが好きです」
楽観よし悲観よし。悲観の中にも道があり、楽観の中にも道がある。
  ≪わ行≫
わけあって 弱くなる心もあれば、 わけあって 強くなる心もある。 思うほど強くないけど、 思うほど弱くもない。 心は変幻自在。

 
スポンサーリンク
 
Copyright © 幸せを呼び込む魔法の言葉